わずか3分で早分かり!自宅で簡単に白髪染めをする5つのコツ

白髪染めをするならやっぱり自宅がいいです。生えてきた白髪にもすぐ対応できますし、何よりも手軽ですからね。そこで!自宅で出来る白髪染めの口コミ、ランキング、コツ、塗り方、おすすめの頻度などを紹介します。
MENU

おすすめの白髪染めの仕方!自宅で失敗しないための5つの秘訣とは?

ここでは自宅で簡単に白髪染めを行うためのポイントを5つご紹介します。参考にしてください。

 

準備をしっかりすること

白髪を染める前には準備が必要になります。
新聞紙などは座る椅子の下に敷いておかねば床を汚す可能性がありますし、テーブルも手の届く位置にしなければ染料をとったりクシを取ったり出来ませんから、テーブルの上には白髪染めの準備を済ませておきましょう。

 

 

汚れても良い服も準備しましょう

洋服は、後からシャンプーすることを考えて、前開きの服を用意しましょう。
また、もし服に染料がついてもよい服をしましょう。

 

 

室温20度から30度に

白髪染めは温度によって染める時間が変わりますから、室温を20度から30度に保っておく必要があります。
また、白髪染めをしたら、ラップをしてドライヤーなどで熱を加えるとなお白髪染めの染料がしみこみやすくなりますからオススメです。

 

 

量をケチらないように

薬液を多く使うことによって色ムラを予防出来ますから、量はたっぷり使いましょう。
ロングヘアの女性は2箱白髪染めを購入して使うと良いです。
ロングだからとちびちび使うとムラが出来ますから、ショートヘアの女性でも、生え際やもみあげなど、しっかり塗布して量をたっぷり使うようにしましょう。

 

 

すすぎは最初は湯で

白髪染めの時間を過ぎたら、染料を落とすためにシャンプーするのですが、最初は湯でしっかり染料を落とすだけにしましょう。
白髪染めによって髪の毛はアルカリ性に傾いていますから、ダメージを受けやすくなっているのです。
まずは湯で染料をしっかり落としてから、シャンプーは行いましょう。
ヘアカラー用のシャンプーなどを使うと色持ちがよいでしょう。

 

 

全体染めの白髪染め以外にも、部分染めもあります。
おすすめの白髪染めリタッチもありますので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ
TV電話